歓喜の老犬まり

柴犬まりを、先日作った「まりの遊び場」で初めて放しました。
鎖をつけてる時は退屈そうでしたが、

放した途端、一目散に

入口へ・・・
でもいつもは何もない入り口に戸が作ってあって出られません。
しばらくキョロキョロ。

あちこち確認したり草を食べたり・・・
十分遊んだ後
「まり~」
と呼ぶと、近寄って来て

鎖をつけようとする私をフェイントでかわして

全速力!!
まるで「ヒャッホー!!」
って叫びながら走っているようです。

久しぶりの全力疾走で疲れたのか
いつもの定位置で西日を浴びてくつろぐ「まり」。
人間でいうともう64歳くらい。
ちょっとお疲れです。

全力疾走したり、お茶目に私をからかう「まり」とともにいる時間が
たまらなく愛しい時間です。

 

山の薫りのおもてなし「楓花」のホームはこちらから→★★★