昔の職人さんの丁寧な仕事~古民家のプチリフォーム・建具編~


↑before
プチリフォーム前の画像です。建具のガラスが2種類あってちぐはぐです。
そこで妹のかめ代とあっちこっち探して、山裾の鶏小屋の物置から建具を見つけました。


草ぼうぼうの崩れそうな小屋にあったのでボロボロでしたが、綺麗に洗って乾かしました。
100年は経っていると思われるのに、どこも朽ちていなくてまだまだ使えそうです。
昔の職人さんの丁寧な仕事に感動します。


ただ残念なことに一枚ガラスが割れていました。(涙)
でも一枚だけ違うガラスになるのは残念です・・・地元のガラス屋さんに相談してみました。
「手間はかかるけど、できないことはないよ。自分でやってみては?」
と願ったり叶ったりの提案が!!
「やってみます!!」と即答です。しっかりやり方を教えてもらいました。


まず透明なガラスの全面に白いテープを貼ります。そして転写紙を使って絵を描きます。


彫刻刀で丁寧に彫っていきます。


全部彫れました


ガラス屋さんが加工してくれました。


テープをそおっとめくります。


柄が見えてきました。なんだかわくわくします!


完成です!!

折角なので記念にイニシャルのAを入れました。が・・・・中の△が潰れてAに見えない~
楓花にお越しのお客様、よかったら潰れたAを探してみてください(笑)


後はかめ代と一緒に障子紙を張って


割れたガラスがあった場所に


完成したガラスをはめて


桟で押さえます。


上の障子紙、貼り忘れているのではありません(笑)

開放感が欲しかったので、あえて貼りませんでした。


↑before

↑after
建具を変えると印象がずいぶん違います。
建具だけでなく、その他もいろいろプチリフォームしました。そのお話もまたご紹介いたします。

「できることはなるべく自分で!!」を合言葉にして、コツコツと8年がかりでリフォームを続けています。
プロにしっかり教わって自分でしますが、できない所は無理せずプロにお任せします。やっぱりプロの仕事は違います!!

でもへたでも自分ですると愛着がわきます。ひとつひとつの物を大切にしたいという気持ちになります。朽ちていく運命だった建具を見つけて再生できた喜びをかみしめます。
次は何を再生しようかな・・・